転職活動と資格取得

 転職を有利にするものといえば資格です。

 

 資格を保有していれば特定の専門業務に従事することができますから、無資格の人に比べて転職先の選択肢が広がります。転職するのに資格が必要となる仕事であればライバルも少なくなりますから、転職に対するハードルも低くなります。

 

 求人募集欄に要資格と記載されていなくても、資格を保有していると有利な採用をされる事もあります。

 

 たとえば倉庫管理業務の場合、フォークリフトの運転免許を保有していれば、求人募集をしている軽作業よりもワンランク上の待遇が望めるフォークリフト技術者として採用されることもあります。転職では必ずしも求人募集欄に記載されている業務で採用されるとは限りません。面接時に条件に合致していることが判明したらその場で別業務にスカウトされることもありますから、何か資格を持っている方は積極的にアピールしましょう。

 

 より有利な雇用条件の職場に転職するために、働きながら勉強して資格を取得するという転職活動方法もあります。

 

 特に転職目標が定まっていなかったとしても、取得していることで様々な仕事に生かせる資格もあります。その最たるものが語学です。

 

 TOEICに代表される言語能力証明は、自分の能力を証明するのに役立ちます。厳密には資格ではありませんが、語学は様々な仕事で役立つスキルですから、身に着けていると転職活動にはとても役立ちます。